運営者プロフィール

はじめまして・・・
ブログ運営の古澤です。

早速ですが自己紹介です。
私は北関東の小さなな街に生まれ育ちました。

 

母親が底抜けに明るい人でした。
少年時代は暴れん坊で、それでいて泣き虫でしたね。

 

故郷
出展:https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/543876

趣味は音楽、山登り、ゴルフ・・多趣味型。

中でも音楽にはのめり込みました。
動機はいたって簡単!

中1の音楽は新任の可愛いS先生でした。
音楽の時間、前から順番に縦笛(リコーダー)で「家路※」を吹きました・・

その時、先生に「〇〇君 上手!! 」と褒められました。
単純な私は『そうか、上手なんだ!』と
勝手に思い込みました。(笑)
(※ドヴォルザーク 作曲《新世界より》第二楽章のテーマ)

この先生の専門はヴァイオリンでした。
音楽の時間が来ると窓を全部閉めてから、
ヴァイオリンを聞かせてもらいました。
ユーモレスクやハンガリー舞曲などでしたね。
田舎育ちの私たちは目を丸くして聞き入りましたね(笑)
ビブラートの繊細な音を今でも鮮明に覚えています。

このヴァイオリンの音色に感動し、
私とヴァイオリンの長い付き合いが始まりました。
10代でヴァイオリンを始めたハンディはキツかったですが、
ヴァイオリンに出会ってから約10年後に、街のオーケストラに入団しました。

同じ趣味の仲間って特別の雰囲気があって、楽しかったですね。
音大生のレベルの高さにショックを受けながらも弾けないところを何度も繰り返し練習しました。
懐かしい思い出です。

オーケストラ
オーケストラ「イメージ画像」

24歳の時の定期演奏会がドヴォルザークの「新世界」でした。
中学1年生の音楽の時間で吹いたあの「家路」です。

音楽を続けて良かったとその時思いましたね。
ヴァイオリンに興味を持って、ちょうど10年が過ぎてました。

 

ドヴォルザーク 作曲《新世界より》第二楽章

 

28歳で結婚し二人の娘に恵まれました。
今ではそれぞれ自立し、ほっとしています。

 

ブドウ
自宅・葡萄棚

 

仕事中心のあまり褒められた父親ではないのですが、
戸建ての住宅で葡萄を育て、自室でパソコンに
向かうのが何よりも楽しみな毎日です。

 

最後までご覧いただきまして、有難うございます。

(※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。)